~統合再編から世界に向けて~

福島県立医科大学 消化管外科学講座

診療

ホーム > 診療 > 食道癌に対するロボット手術

食道癌に対するロボット手術

ロボット支援下食道癌手術について

ロボット手術というと、外科医ではなくロボットが自ら手術を行うといったイメージがあるかもしれません。しかしながら、現在の手術ロボットとは「手術支援ロボット」であります。これを操作するのは医師であり、ロボットが外科医の“手”となり、さらに精密な手術を行うためのツールです。

手術支援ロボットについて

当科で使用している手術支援ロボットは「ダヴィンチ・Si」 “da Vinci Si Surgical System” という、インテュイティブサージカル社が製造販売しているロボットです。このシステムは下記から構成されます。

サージョンコンソール

執刀医が操作し、その動作をペイシェントカートに伝えます。執刀医は3D影像を見ながら操作を行います。2D影像と異なり、奥行きを確認できるため正確な操作が可能となります。

ペイシェントカート

4本のロボットアームを持ち、サージョンコンソールからの入力を、Endo-wristと呼ばれる鉗子または3Dスコープに伝えます。Endo-wristは複数の種類があり、その場面場面に応じて適切なEndo-wristへの交換が可能です。

ビジョンカート

手術中の画面がモニターに映し出されます。執刀医、助手および手術室スタッフが同じ画像を共有することができ、ビジョンカートから執刀医へ指示を出したりすることもでき、外科医の教育にも役立ちます。

ダヴィンチの特長

手ぶれ防止

手術中の外科医の手の細かいブレを、ロボットが補正します。

モーションスケール

外科医の手の振幅を縮小してロボットアームに伝える技術です。例えば、執刀医の手が6cm動いたときに、Endo-wristは2cmのみ動くというような設定ができます。より精密な操作が必要な際に役立ちます。

胸腔鏡手術との比較

通常の胸腔鏡手術も低侵襲手術です。しかしながら胸腔鏡で用いる鉗子(手術器具)は多関節を持たないため動作制限が存在します。このため、反回神経麻痺の発生率がやや高いという欠点があります。反回神経麻痺がおきると、声を出す声帯の動きが悪くなり声がかすれてしまいます。また食べ物を飲み込む際にむせる場合があり、誤嚥性肺炎を起こすこともあります。
ロボット支援下食道癌手術では、通常の胸腔鏡手術と比較して反回神経麻痺の発生率が低くなり、また合併症全体での発生率も低くなるという報告もあります。

ロボット支援下食道癌手術は通常の胸腔鏡手術よりもさらに患者様の体の負担が少なくなる可能性が高いと考えております。ロボット支援下手術を希望される患者様は是非当科へご連絡ください。

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

公立大学法人福島県立医科大学 消化管外科学講座
〒960-1295 福島県福島市光が丘1
TEL 024-547-1259
MAIL gi-tsurg@fmu.ac.jp