~統合再編から世界に向けて~

福島県立医科大学 消化管外科学講座

御挨拶

ホーム > 御挨拶

~ 統合再編から世界に向けて ~

2016年11月1日、福島県立医科大学の外科学講座(臓器再生外科学講座、器官制御外科学講座)は統合再編され、食道から肛門までの消化管疾患の外科治療を専門とする消化管外科学講座が新たに組織されました。

消化管疾患の外科診療、教育、研究の拠点が一本化され、患者数の増加、診療の質の向上、臨床研究の活発化が多いに期待されます。伝統ある福島県立医科大学の旧第一外科、旧第二外科の両者の流れをくんだ新しい外科学講座が開講され、その初代主任教授の任にあたり、その重責に身が引き締まる思いです。

新たな消化管外科学講座の今後5年間の目標として、

・高度な医療技術とチームの成熟を必要とする食道癌治療において、全国的にも有数の食道がんHigh volume centerとして機能します。特に、鏡視下食道切除や、術前化学放射線治療後の食道切除に力をいれ、最先端の高度な食道外科治療を提供できるようにいたします。

・疾患頻度の高い大腸癌、胃癌において、鏡視下手術を中心とした低侵襲外科医療を提供し、鏡視下手術を実践できる内視鏡技術認定医の輩出を行います。
直腸癌や炎症性腸疾患などの疾患特異的専門チームを組織し、究極のProfessional外科医を育成します。

・癌免疫療法の開発を臨床研究の重点とし、樹状細胞ワクチン療法やチェックポイント阻害剤などの最先端の癌免疫治療の臨床試験をおこない、今後の福島県立医科大学のブランドの一つとなれるように戦略的に推進したします。

を掲げます。

福島の名は、震災を機会に世界的に知られることとなりました。今後は、この福島の名を、消化管外科学の分野で発信できるように、絶えず世界を視野に入れた活動を行います。具体的には、シンガポール大学、カロリンスカ研究所、米国NIHへの留学の機会を積極的に活用し、国際共同研究を実践し、教室員全員が国際的視野での活動ができるような体制づくりに努めます。

福島県は広く、また震災の影響による外科医の偏在化の問題があり、優秀な外科医の教育は重要な使命であると考えております。肝胆膵外科学講座と協力し、一人でも多くの消化器外科専門医の輩出に努め、県内中核医療機関と協力して、人材の派遣、有効なネットワーク形成に努力いたします。次世代の優秀な外科医を育成すべく、日々のカンファレンスや技術的修練はもちろんのこと、何よりも「病む人の気持ちを」大切にする全人的教育を行います。

Activeで若い世代の外科医が多く、また、統合再編を契機として、お互いが切磋琢磨できる明るい雰囲気に溢れた、魅力的な教室と自負しております。統合再編の力を相乗的に発揮し、今後、福島から世界をリードするような多くの情報を発信できるよう、力を結集いたします。

2017年1月31日

福島県立医科大学
消化管外科学 主任教授
河野 浩二

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

公立大学法人福島県立医科大学 消化管外科学講座
〒960-1295 福島県福島市光が丘1
TEL 024-547-1259